都心に住むのならやっぱりマンションでしょうね

どんな家に住むかでライフスタイルは大きく変わる

家を買うことを決心したなら、次に考えるのは「マンションか一戸建てか」という問題ではないでしょうか。マイホームをこのどちらにするかによって、ライフスタイルはかなり変わると考えられます。都心に住むか郊外で暮らすかのどちらを選択するかで、マンションか一戸建てかの答えはある程度出るのではないでしょうか。マンション住まいを希望する方にマンションのメリットとデメリットにはどのようなものがあるかをご紹介したいと思います。

マンションのメリットは都市部に住めるということ

マンションの場合、別名、共同住宅というように、ひとつの建物に多くの世帯が暮らすという点が一戸建てと異なる最大のポイントです。他人同士が集まって済むメリットは、何といっても限られた土地を有効に使えるという点にあります。つまり、それだけ住宅が密集した都市部に向いているわけですから、一戸建てに比べて便利な場所にマイホームを持てる可能性が高くなるのです。また、一つの建物に住む人が多ければそれだけ規模のメリットを生かせますから、付帯施設などを充実させることができます。

マンション住まいのデメリットは周囲に気を使うこと

マンションは、他の家族と一つの建物の中で住むわけですから、制約があります。外壁や廊下の共用部分を勝手に好きな色に塗装したり、リフォームできませんし、上下階や隣の住戸に迷惑にならないように音の問題にも気を配らなければなりません。隣近所との付き合いがないから煩わしくないという理由でマンションを選ぶ人がいますが、実は必要以上に周囲に気を使わなければならないのがマンション生活なのです。マンション住まいにはこのようなメリットとデメリットがあると理解したうえで住むようにしたいですね。

つくばのマンションは物件数が多いという特徴がありますから、希望の間取りや予算を実現しやすく、理想的な生活ができます。

中古が良いか新築が良いか!マンションを買うときの注意点

新築と中古の価格は単純に比較できない

一般的に、新築マンションは設備は良いが価格は高い、中古マンションは設備は古いが価格は安い、という風なイメージを持たれていることが多いですよね。しかし新築マンションと中古マンションというのは、単純にこうした違いだけでは説明できないものなのです。たとえば、価格の面で言えば、確かに中古の方が新築よりも安い傾向にはありますが、都心に近付くほどに新築と中古の価格差は縮まってくる傾向にあるのです。逆に言えば、郊外であれば中古がかなりお得になるとも言えるわけです。

費用のかかり方も違ってくる

新築マンションと中古マンションを購入した時は、費用のかかり方が少しばかり違ってきます。新築マンションを購入した場合、マンションの劣化に伴う修繕費用などを捻出するために、修繕積立基金というものを納めます。この修繕積立基金は中古マンションにはない費用なのです。一方中古マンションの場合は、不動産会社に支払う仲介手数料がかかってきます。仲介手数料は新築マンションにはかからず、トータルで見ると新築も中古もほとんど価格が変わらないなんてこともあったりします。

情報の集め方の大きな違い

新築マンションと中古マンションでは、こうした価格の違い以外にも、情報の集め方も大きく異なるものです。中古マンションの場合はすでに建物は出来上がっていますが、新築マンションの場合、建物自体はまだ開発途中で見ることができないということもあります。そういう場合はモデルルームを見学するということになりますが、実物を見ることのできる中古と比べると、やはりイメージのしやすさは劣るところがあるかもしれませんよ。

新築マンションのモデルルームを見て、その設備の充実度に驚いたことがあるでしょう。特に浴室に関しては浴室乾燥機はもはや標準で、テレビ付き浴室やミストサウナのある浴室まで登場しています。

田舎に引っ越してわかった、都会と田舎の違い3選!

田舎は終電の時間がめちゃくちゃ早い

都会に住んでいると終電が24時すぎ、始発が5時からで、深夜まで歓楽街は大騒ぎし、まさに眠らない都市といった表現があてはまります。ビルの灯りがこうこうと付き、高層ビルから眺める夜景はまさに絶景ですが、その分いくら目を凝らしても星が見えないものです。田舎暮らしをはじめるとまず驚くのが終電の早さです。夜がふけるに従ってバスも電車も本数が少なくなり、早い時間に終電がくるので夜遅くまで呑みあるいたりできません。

田舎は車がないと生活できない

都会に住んでいると24時間スーパーやコンビニがそこらかしこにあり、電車やバスで都市部まで数百円とどこへ行くにもアクセスが便利です。コンパクトで機能的にまとめられ、有名デパートや個性的なショップが立ち並んでいます。方や田舎は広い土地に大きな施設が点在しているのでまず車がないと移動が不便です。バスや電車も全区域網羅しているわけでないばかりか、直線で結ばれていないケースも多々有り、車があれば15分なのに、公共交通機関を利用して1時間というアクセスの難しい場所がたくさんあります。

田舎ならではの新鮮な食材と美味しい空気は格別

なんでも手に入る都市部ですが、野菜や海鮮は田舎の方が鮮度が上回っていると言ってよいでしょう。地元の農家と契約し地産地消を推奨するスーパーも多く、朝取れの野菜を午前中に購入することが可能です。新鮮な魚はお刺身にうってつけで、時には地元でしか消費されない珍しい魚が安価で店頭に並んでいることも。また、山や川が目に見える範囲にあるので、都会より空気が澄んでいるばかりか、山鳥が家の軒先に来てさえずるなど自然と近い暮らしが楽しめるのも田舎ならではですね。

田舎暮らしなら千葉県が一番便利です。東京までの距離が近く都市部も豊富なので、生活が安心です。病院や公共施設も近いので、安心して田舎暮らしを楽しめます。