注文住宅を建築する前に確認しておきたいこと

土地選びで失敗を防ぐには

建売住宅と違って注文住宅は土地選びから始まります。建売住宅は土地と建物をセットで購入しますが、注文住宅は初めに土地を購入してその上に住宅を建築することになります。そのため住みたい場所で理想の住宅が建築できるというメリットがあるのです。土地選びで失敗しないためには、土地そのものの状態だけでなく周辺の状況も確認しなければなりませんね。価格の安さに飛びつくのではなく慎重に選ぶことが重要になってくるので騒音や日当たり、地勢を比較しながら選びましょう。

住宅ローンの組み方について

注文住宅を建築する際は金融機関で住宅ローンを組む方が多いですね。住宅ローンは何十年と払い続けていくものですから、無理のない返済計画を立てることが大切です。毎月の返済額が他の生活費を圧迫しないように収入状況と返済額を照らし合わせながら設定していきましょう。金融機関によって金利が違うため、損をしないためにも少しでも低い金利で住宅ローンを組んだ方がいいですね。金融機関のホームページにはローンシミュレーションがあるので計算してみましょう。

理想の住宅にするために間取りは慎重に考えよう

注文住宅の場合は室内の間取りを自分達で決められるという大きなメリットがあります。しかし素人が間取りを考えるのは簡単ではありませんから、住宅の建築を依頼するハウスメーカーに相談しながら決めていくといいでしょう。間取りを書き出したら実際に生活しているシーンをイメージしてみると、住みやすい間取りかどうかが判断できます。一番重視したいのが動線です。家具や家電を配置した場合の動線を考えながら、部屋の位置や扉の向き等を考えていきましょう。

注文住宅とは設計段階から顧客と一緒に相談しつつ作り上げる住宅の事で、費用や立地条件を加味した中で理想の家に近づける事のできる方法です。