交渉上手になろう!賃貸物件の家賃交渉のポイント

賃貸契約の閑散期を狙う

会社員においては、4月や10月は社内の人事異動の発令が集中しやすい傾向があり、単身赴任や転勤など多いため人の異動が盛んになります。また、3月には学生の入学前という時期であり、賃貸物件の需要が増えやすい時期なので、大家さんとしてはこの時期に有利な家賃で契約したいという心理が働きます。これらの時期の大家さんは簡単には家賃交渉に応じませんが、反対に、これらの時期を避けて家賃交渉をすると、大家さんも借主と早く契約したいがために家賃交渉に応じてくれやすいという傾向にあります。家賃交渉もタイミングが重要なんですよ。

賃貸契約の更新時期を狙う

既に賃貸借契約を結んで物件に住んでいる状態で家賃交渉を行うことも可能です。一般的に賃貸借契約は一年更新や二年更新となっている場合が多く、大家さんとしては優良な借主には継続的に住んでほしいという心理が働きますので、契約を更新する際に家賃を少しでも安くしてもらう旨を伝えてみましょう。問題がない借主の場合は、継続的な収入源と考えてくれますので、素直に応じてくれる大家さんは多いでしょう。最近は住宅が余り気味なので、他の物件に移っても構わないという強気のニュアンスを伝えてみるのも効果的です。

他の居住者の家賃を引き合いに出す

同じ物件、同条件で部屋を借りている人の家賃を調べたり、賃貸物件サイトで住んでいる物件の家賃を調べてみて、自分が支払っている家賃の方が高ければ、家賃交渉のチャンスです。他の居住者は自分より安い家賃で生活しているということを材料にして、大家さんに家賃を下げてもらうように交渉してみるのも効果的です。自分の住居よりも家賃が安い部屋なのに、居住環境が良い場合には、なおさら家賃を下げられる可能性が高いと言えるでしょう。

東京都の港区にある青山は、高級ブランド品店やレストラン、カフェといったオシャレな店が多く、オシャレな街という印象があります。また青山の賃貸マンションはステキな賃貸マンションがたくさんあります。