交渉上手になろう!賃貸物件の家賃交渉のポイント

賃貸契約の閑散期を狙う

会社員においては、4月や10月は社内の人事異動の発令が集中しやすい傾向があり、単身赴任や転勤など多いため人の異動が盛んになります。また、3月には学生の入学前という時期であり、賃貸物件の需要が増えやすい時期なので、大家さんとしてはこの時期に有利な家賃で契約したいという心理が働きます。これらの時期の大家さんは簡単には家賃交渉に応じませんが、反対に、これらの時期を避けて家賃交渉をすると、大家さんも借主と早く契約したいがために家賃交渉に応じてくれやすいという傾向にあります。家賃交渉もタイミングが重要なんですよ。

賃貸契約の更新時期を狙う

既に賃貸借契約を結んで物件に住んでいる状態で家賃交渉を行うことも可能です。一般的に賃貸借契約は一年更新や二年更新となっている場合が多く、大家さんとしては優良な借主には継続的に住んでほしいという心理が働きますので、契約を更新する際に家賃を少しでも安くしてもらう旨を伝えてみましょう。問題がない借主の場合は、継続的な収入源と考えてくれますので、素直に応じてくれる大家さんは多いでしょう。最近は住宅が余り気味なので、他の物件に移っても構わないという強気のニュアンスを伝えてみるのも効果的です。

他の居住者の家賃を引き合いに出す

同じ物件、同条件で部屋を借りている人の家賃を調べたり、賃貸物件サイトで住んでいる物件の家賃を調べてみて、自分が支払っている家賃の方が高ければ、家賃交渉のチャンスです。他の居住者は自分より安い家賃で生活しているということを材料にして、大家さんに家賃を下げてもらうように交渉してみるのも効果的です。自分の住居よりも家賃が安い部屋なのに、居住環境が良い場合には、なおさら家賃を下げられる可能性が高いと言えるでしょう。

東京都の港区にある青山は、高級ブランド品店やレストラン、カフェといったオシャレな店が多く、オシャレな街という印象があります。また青山の賃貸マンションはステキな賃貸マンションがたくさんあります。

賃貸に住んでいるメリット、デメリットを考える

賃貸のメリットとはなんだろう

賃貸に住んでいると、メリットを考えてしまいます。賃貸はいわば借間状態ですから、お金を払って住まわせてもらっている状況なので自分の持ち物ではないから管理等は大家さんと管理会社が責任を持ってやらなきゃいけないですよね。たとえば賃貸の回りの雑掌除去とか、盗難にあった場合とかも含めて、責任というのはすべて貸している大家さんと管理会社が追わなくてはなりませんよね。そういった部分では気兼ねなく住むことのできるのが賃貸のメリットじゃないでしょうか。

賃貸のデメリットとは

まず、自分が購入したものではないため壁や床に傷をつけてしまったら弁償しなければなりません。それは各管理会社にもよりけりですし大家さんにもよりけりなのですが、壁にくぎや画びょうをつけても賃貸だから退去時には張り替えなければなりません。そういった部分では自由が制限されてしまうので、賃貸を借りているときに持家とかマンション購入とかにあこがれを持ってしまうんでしょうね。賃貸を借りるということは、人に借りている状態ですから、なかなかうまくはいきません。

隣接者を撃退したいときに大変

賃貸の立地や建物にもよりますが、だいたいはアパート、マンションにお住まいの方が多いはず。そんな中で問題なのが隣人トラブルですね。特に隣との壁が若干薄いところなんて防音対策がしっかりしていないところだと、少しでも音がすると隣から「ドンドン」「ドンドン」「うるせーぞー」などと声が聞こえてきます。気にされない方は大丈夫だとおもわれますが、やっぱり自分が住んでいる間取りの隣、もしくは上下に住んでいる人がいるのがわかれば多少は負い目をもってしまいます。

札幌の賃貸は様々な不動産業者で取り扱っており、インターネットを通した物件探しにも対応している業者が多く存在しています。

注文住宅を建築する前に確認しておきたいこと

土地選びで失敗を防ぐには

建売住宅と違って注文住宅は土地選びから始まります。建売住宅は土地と建物をセットで購入しますが、注文住宅は初めに土地を購入してその上に住宅を建築することになります。そのため住みたい場所で理想の住宅が建築できるというメリットがあるのです。土地選びで失敗しないためには、土地そのものの状態だけでなく周辺の状況も確認しなければなりませんね。価格の安さに飛びつくのではなく慎重に選ぶことが重要になってくるので騒音や日当たり、地勢を比較しながら選びましょう。

住宅ローンの組み方について

注文住宅を建築する際は金融機関で住宅ローンを組む方が多いですね。住宅ローンは何十年と払い続けていくものですから、無理のない返済計画を立てることが大切です。毎月の返済額が他の生活費を圧迫しないように収入状況と返済額を照らし合わせながら設定していきましょう。金融機関によって金利が違うため、損をしないためにも少しでも低い金利で住宅ローンを組んだ方がいいですね。金融機関のホームページにはローンシミュレーションがあるので計算してみましょう。

理想の住宅にするために間取りは慎重に考えよう

注文住宅の場合は室内の間取りを自分達で決められるという大きなメリットがあります。しかし素人が間取りを考えるのは簡単ではありませんから、住宅の建築を依頼するハウスメーカーに相談しながら決めていくといいでしょう。間取りを書き出したら実際に生活しているシーンをイメージしてみると、住みやすい間取りかどうかが判断できます。一番重視したいのが動線です。家具や家電を配置した場合の動線を考えながら、部屋の位置や扉の向き等を考えていきましょう。

注文住宅とは設計段階から顧客と一緒に相談しつつ作り上げる住宅の事で、費用や立地条件を加味した中で理想の家に近づける事のできる方法です。